Column

ブライン凍結機「凍眠」について ‐他社との違い 

カンパチ凍結
液体凍結機、アルコール冷凍機とも呼ばれたりしますが、

「凍眠」は、テクニカンが開発しました、液体に漬け込んで冷凍をかける急速冷凍装置です。

 

急速冷凍と、ひとくちにいいましたが「凍眠」は、いわゆる空気を媒体にして凍らせる急速冷凍機とは、その凍結スピードや解凍後の品質に大きな差が生まれます。

こんにゃくゼリー切抜き小

上の写真、左が「凍眠」凍結、右が「通常冷凍庫」の冷凍品です。

分かりやすく、違いがあらわれます。

 

様々な、急速冷凍の機械があるなかで
「凍眠」の特徴は、

・凍結スピード
・解凍後のドリップなし
・メンテナンスが、ほぼ必要なし
・高い耐久性

が、特筆すべきところです。

 

具体的には、

・凍結スピード

作業の時間短縮は、もとより、凍結面積の省スペース化が可能になります。

品質にも、直結する大事な目安です。

 

・解凍後のドリップなし

上の写真のように、「凍眠」は氷の結晶を非常に微細にするため、肉、魚など

細胞破壊せず、ドリップはほとんどありません。

原料に限らず、惣菜や、フルーツなど活躍の場を広げています。

 

・メンテナンスが、ほぼ必要なし

定期的にメンテナンスが必要な部分は、ほぼありません。

アルコールの入れ替えなども、必要ありませんので

本体を拭いていただく程度の手間しかありません。

 

・高い耐久性

「凍眠」は、元々食肉の現場にいた弊社代表が作った機械です。

その為、長く、故障無く使っていただくことを1つのコンセプトにしています。

15年、20年使い続けていただいているお客様も沢山いらっしゃいます。

 

テクニカンでは、十分に納得いただくため、無料の凍結テストをしていただけます。

是非、お試しください。