導入事例

株式会社東冠 鳥海 様

安心、安全とおいしさを兼ね備えたクックフリーズを「凍眠」で!

株式会社東冠様は、昭和40年(1965年)10月に創業し、平成27年(2015年)10月で50周年を迎えます。創業当時より地域密着をモットーに、お客様に冠婚葬祭のプロとしてサービスをされている企業様です。2014年11月に、高齢者配食向けのセントラルキッチンをスタートなさいました。

 

元々、都内北部でも有名なハウスウェディング施設もあり、シェフの手掛ける料理には定評のあった東冠様。

「最高のおもてなし婚礼料理を手掛ける料理人の技」×「最新のクックフリーズ技術」を融合させることで、「味」も「食感」も業界の常識を超えた高齢者向けお料理として、開設後から、多くの施設様との取引を着実に広げていらっしゃいます。
鳥海料理長曰く「凍眠」を活用する事で、従来のクックフリーズ技術では出来なかった食材の食感や美味しさを解凍後もそのままキープすることが可能になり、メニューの幅が大きく広がったんです。肉、魚は、もちろん、キャベツもやし小松菜春菊等の入った炒め物和え物根菜の煮物も凍結しています。特に青菜野菜のシャキシャキ感には驚きです!!」との事。

ブラストチラーと従来の急速冷凍機だけでは、このクオリティは出すことはできません!

 

「今後は、この「凍眠」の特性をいかしたメニューをもっと開発し、施設の負担を減らしつつ高齢者の方に、よりおいしい食事を提供できるよう努力していきたいですね。」