導入事例

株式会社TA西村 代表取締役 西村雄策様

伊勢志摩の「凍眠」セレクションを発信!

株式会社TA西村様は、三重県鳥羽で県内の旅館や料亭をお得意様に、水産物の卸販売を営んでいらっしゃいます。

 

商品ラインアップ

伊勢海老伊勢マグロうたせ海老生わかめめかぶ生あおさアコヤ貝(真珠貝柱)蝦夷アワビメバル

 

西村取締役に導入のきっかけをお伺いしました

 

西村様は、以前は冷凍の品物に対して懐疑的で、「どうせ冷凍物だろう」というスタンスだったそうです。品質に対しても、冷凍物に期待していなかったと仰っています。

 

「ある時、「良い冷凍品」があると噂をきいて、その商品を取り扱うことになったんです。

自分としては半信半疑な部分もあったが、その品物をお客さんに紹介すると非常に高評価だった。

それが、1件でなく紹介した複数の顧客から、「これは良い!」という評価をもらったので、本当に良い品物なんだと確信できた。それが「凍眠」で凍結した商材だったんです。」

 

 

「凍眠」を使うことのメリットはなんですか?

 

「鮮魚だと、完全に時価になってしまう。今は、浜の価格も大体分かってしまうのでなかなか商売として難しい。しかし、良い凍結ができれば安い時期に仕入れて、品物がない時期に出していける。在庫を抱えるリスクはあるが、ある程度利益を得つつ、相手に安いと思ってもらえる価格で提供できる。これは、双方にとってメリットです。」

 

なにか変化はありましたか?

 

「商品でいうなら、特に、海老や海草類は緩慢冷凍とは全く違う。うちで作っているうたせ海老などは緩慢だと、真っ黒になってしまうが、「凍眠」ならキレイな色に仕上がる。わかめ、めかぶも同様で緩慢では満足いく仕上がりにはならない。「凍眠」商品を塩わかめや、緩慢冷凍のわかめを使っているところに持っていくと、やはり採用していただけますね。」

 

 

「凍眠」を使っての感想を聞かせてください

 

「一度にかなりの量を凍結かけるので、もっと機械の処理量が多ければと思う時はありますが、出来上がりの商品に関しては満足しています、言うことありません。」

 

最近では、東京都内の食堂にも凍眠冷凍の伊勢マグロを販売したりと三重の魅力を発信し、その他にも新たな加工品に挑戦中で、まだまだ、商品の幅を広げようとしていらっしゃいます。