Column

ドリップについて

冷凍した肉や魚を解凍すると、赤い血のような液体が出た経験はないでしょうか?

この赤い液体の正体は、血液ではなく、「ドリップ」と呼ばれる食品中のうまみ成分が含まれている栄養素になります。

今回は、その「ドリップ」に関する内容をお伝えしたいと思います。

 

・ドリップとは?

 

冷凍した食材を長期間保管した際、食材の細胞が破壊され、水分と共に流れ出るたんぱく質やうまみ成分が「ドリップ」と呼ばれています。

この「ドリップ」が食材から流れ出てしまうと、水分やうまみ成分が出てしまうため

品質が劣化してしまいます。

例えば、このような「ドリップ」が出てしまった肉を焼くと

アクが出たり、パサパサした食感になってしまいます。

このように食材を冷凍した場合、鮮度をしっかり保つためには、いかに「ドリップ」を抑えるかが非常に重要なポイントになるのです!

 

・ドリップを抑えるためには!?

 

食材を冷凍した際、どうすれば「ドリップ」を抑えることが出来るかというと

それは、急速冷凍することです!

お水を凍らせると氷になるように、

食材を冷凍すると、各食材に存在する細胞中の水分が凍り始め、氷の結晶が生成されます。

時間をかけた冷凍(緩慢冷凍)をすると、この氷の結晶がどんどん大きな氷の結晶と成長してしまい、食材の細胞膜を破壊してしまうのです。

このような食材を解凍した際、破壊された細胞中からうまみ成分である「ドリップ」が出てしまい、品質が劣化してしまうのです。

 

では、急速冷凍した場合どうなるか?

急速に冷凍することで、小さな氷の結晶を生成することが出来ます。

そのため、食材中の細胞を壊すことなく冷凍出来るので

解凍時の「ドリップ」を抑えることが可能になるのです。

 

 

冷凍保管する際、鮮度を担保するためには

いかに急速に冷凍し、食材中の細胞を壊さないかが重要になります!

 

 

 

・急速冷凍機 リキッドフリーザー「凍眠」とは?

 

リキッドフリーザー「凍眠」は、空冷式で凍結をする一般的な凍結方法とは違い

液体式で凍結をします。

液体は、空気より熱伝導率が圧倒的に高く、約20倍の速度で凍結することが出来ます。

その圧倒的なスピードで凍結が出来ることにより

生成される氷の結晶が極小のため、食材の細胞にダメージを与えず

限りなく生に近い高品質な冷凍品が生産可能になります!

 

冷凍食品の品質を向上したい!

品質を担保しながら、販路拡大したい!

歩留まりの改善をしたい!

 

そんなお悩みがある方こそ

急速冷凍機 リキッドフリーザー「凍眠」をご検討されてはいかがでしょうか?

 

 

「凍眠」の紹介ページはこちら