凍眠リキッドフリーザーの株式会社テクニカン
Eng
Report

【急速冷凍】リキッドフリーザーテスト【生野菜】

INDEX

凍結内容

 

本日はカット野菜をリキッドフリーザー凍眠にて急速冷凍テストを行いました。

 

以前の記事、生野菜と生果物は凍眠での急速冷凍でも「生」には戻らないとお伝えしました。

 

理由としては、「酵素」の働きにより食材が柔らかくなってしまうためです。

 

生果物などはリキッドフリーザーで急速冷凍を行った後、半解凍にして「果物アイス」に近い形で提供が可能ですが、生野菜は違った方法での急速冷凍と解凍が重要です。

 

その違った方法というのは「火入れ」です。

 

リキッドフリーザーで急速冷凍をさせる前に加熱調理を行うと、この「酵素」の働きを抑えることが出来ます。

ですから、急速冷凍後に解凍を行うことで、加熱後すぐの食感と変化が少ない、シャキシャキとした食感で食べて頂けます。

加えて、生野菜の状態でリキッドフリーザーで急速冷凍をしていただき鮮度を保つ。必要な時に食材を解凍し、「すぐに」調理を行って頂くと、急速冷凍時の鮮度そのままの食感と風味でお楽しみいただけます。

詳しい方法としては、高温蒸気を数秒かけるか、10秒ほど熱湯をくぐらせれば生野菜に近い食感が出せます。

一度、リキッドフリーザー凍眠で、液体急速冷凍を試してみて下さい。

目的・改善課題

結果

お客様の声