凍眠リキッドフリーザーの株式会社テクニカン
Eng
Report

【和歌山】リキッドフリーザー急速冷凍テスト【ほうれん草】

INDEX

凍結内容

CA3G0033

今回は和歌山県でほうれん草の急速冷凍テストを行いました。

基本的に、生野菜と生果物は、冷凍すると「生」の状態に戻すことはできません。

理由としては「酵素」の働きがあるため、少しずつ野菜と果物は柔らかくなってしまいます。

ただ、リキッドフリーザー凍眠急速冷凍を行った商品に関しては「火入れ」をすることで、従来の冷凍とは全く違った食感で保管をすることが出来ます。

野菜を非冷凍のように急速冷凍するには、まず数秒湯通し、もしくは高温蒸気にかけます。
その後パックし、当社の液体急速凍結機「凍眠」にて凍結。

これで、従来の冷凍野菜とは一線を画した急速冷凍野菜の完成です。

リキッドフリーザー凍眠であれば、約40年のノウハウがあるため、導入事例の紹介も可能です。

試したい方はご連絡下さい。きっとその違いに驚くこと間違いなしです。

目的・改善課題

結果

お客様の声